過払い金詐欺に気をつけて!<手口や相談方法>

皆さん、「過払い金詐欺」って言葉に聞き覚えがありますか?
近年、CMや広告などで、過払い金返還について宣伝されていることから、過払い金詐欺が流行しています。
このページでは、
どのような手口で詐欺行為が行われているのか?
この代表的な例を取り上げていくことにしましょう。

 

 

電話で過払い金請求について案内されるケース

自宅の固定電話宛てに連絡が入り、
「あなたが過去に借金をしていた際の、過払い金があることが分かったため連絡をしました」
などといった誘い文句で、着手金を取られる詐欺があります。

 

そもそも、電話連絡のみで着手金のみ取られるようなことは通常考えられません。
またこのような連絡は、NPO法人である消費者団体と名乗るケースが多いようです。

 

ちなみに、過去に借金をしていた事実を、全くの第三者が知る術はありません。
「過去に借金をしていましたね」と聞かれたとしても、どうして知っているのかという話になりますね。

 

チラシがポストに投函されていたケース

信頼できそうなチラシがポストに投函されている。

連絡してみたところ親身になって対応してもらえる。

つい信頼して着手金を支払ってしまった…という詐欺もあるようです。

 

ここで気をつけたいのは、先程も登場した着手金について。
最近の法律事務所では、無料で過払い金請求の相談を受付ています。
また、着手金の請求については、合意の上請求されることになります。
顔合わせもしていないのに着手金を振り込みを求めること自体、おかしな話なのです。

結局どこに相談すれば良いのか?

 

では、過払い金詐欺の被害に合わないようにするためには、どうしたら良いのでしょうか。
方法としては、法テラスなどの無料で相談できる機関へ話をしてみること。
実際の手続きはどうしたら良いのか、自分で確認することが良いでしょう。

 

また、場合によっては、近隣にある弁護士事務所をいくつか紹介してもらうことも可能です。
ですから、電話やチラシなどの情報を鵜呑みにする前に、
まずは行政などが行っている相談窓口に連絡をして、詳しい話を聞くようにしたいものです。

信頼の出来る経験あるおすすめ弁護士事務所はこちら

債務整理や借金について、いきなり法律事務所に相談するのは気が引ける、まずは匿名で相談したい・・・という方は、下記の「借金相談シミュレーター」で「債務の減額方法」や「月々の返済額」についてシミュレーション出来ますので、利用してみてはいかがでしょうか。

5つの質問であなたに合った債務整理方法や月々の返済額を匿名無料診断でチェック!