民事再生法と会社更生法の違いとは?

近年、国内企業の倒産件数が増え、上場企業の倒産のニュースを目にすることも珍しくなくなってきました。

 

この倒産のニュースでよく耳にするのが「民事再生法」や「会社更生法」といった法的手続きの言葉です。
しかし、この2つの法的手続きについてニュースなどで説明されることは少なく、実際にどういった違いがあるのか分からないという方も多いようです。

 

そこで今回は、民事再生法と企業更正法の簡単な概要と違いについてご説明したいと思います。

 

会社更生法とは

会社更生法とは、その言葉通り「法人の経営建て直しを目的とした法律」です。
会社更生法を申請できるのは法人に限定されており、一般的に、その会社が消滅することで社会に多大な影響が与えられるケースに適用されることがほとんどです。
そのため、上場企業や大企業の倒産の際に申請される場合が大半となっています。

 

会社更生法が適用となった場合、原則として旧経営陣は以後の経営に関与ができなくなり、事業管財人(スポンサー)主導による、債務の大幅なカット、株主責任の明確化、事業譲渡といった再建が行われることになります。

 

民事再生法とは

民事再生法は、会社更生法と異なり、法人だけでなく個人でも申請することが可能です。
適用申請の条件も「破産の可能性がある」というものとなり、乱暴な言い方をするならば支払いが不可能な状態になくとも申請を行うことができます。

 

基本的に、経営破綻が深刻になる前に早期再建を目指すことを目的としているため、会社更生法と比較すると簡易的かつ迅速に手続きを進めることができます。
ただし、担保権の実行を阻止できないなど、若干効力が弱いという一面もあります。

 

会社更生法と民事再生方の違い

 

会社更正法と民事再生方の違いは、下記の3つが代表的なものとなります。

 

  1. 手続きが煩雑か簡易的か。申請に必要な時間が長期間にわたるか短期間で済むか
  2. 破産に至る状況を作った経営陣が、適用後も経営に関与できるか否か
  3. 債権者が競売の申し立てを行えるかどうか

 

また、会社更生法は適用後「旧経営陣はすべて辞めさせられ、新経営陣に主導のもと新しい会社として再出発する」という形を取ることになりますが、民事再生方の適用後は「原則それまでの経営陣が経営を行い、早急な会社再建を目指す」ということになる、といった違いもあります。

信頼の出来る経験あるおすすめ弁護士事務所はこちら

債務整理や借金について、いきなり法律事務所に相談するのは気が引ける、まずは匿名で相談したい・・・という方は、下記の「借金相談シミュレーター」で「債務の減額方法」や「月々の返済額」についてシミュレーション出来ますので、利用してみてはいかがでしょうか。

5つの質問であなたに合った債務整理方法や月々の返済額を匿名無料診断でチェック!


また、どの弁護士に頼めばいいか検討がつかないという方へ、

借金問題・債務整理の経験豊富で信頼出来る弁護士事務所を紹介いたします。

ぜひ、参考にしてみて下さい。


ランキング第一位弁護士法人サルート法律事務所

ポイント

費用は分割可、即日対応可能、経験と実績のある債務整理のプロです!
弁護士法人サルート法律事務所
弁護士法人サルート法律事務所の相談料は無料、家計の状況に合わせて弁護士費用の支払いも柔軟に対応してくれるだけでなく分割払いも可能です!
さらに、相談だけなら、何度でも無料で相談に乗ってくれるので、安心してきちんと話し合うことが出来ます。

債務者に有利な条件での和解交渉をしっかりとしてくれるうえ、毎月の返済額も長期分割、そしてできるだけ減額してくれます。

債務が75〜100%減額されたケースや債務が減免されたケースなどの実績を持つ弁護士法人サルート法律事務所は、借金を断ち切って新たな人生の再スタートをサポートしてくれる法律事務所です。

24時間365日受付てくれる無料相談は全国対応なので、思い切って今相談することが完済への近道です。
親切かつ丁寧に相談に応じてくれるので一人で悩まずに、まずは相談してみて下さい!

電話無料相談:0120-403-991

詳細はこちらから

無料相談 相談フォームにて24時間受付中
初期費用 初期費用なし/着手金・成功報酬・減額報酬・過払報酬はそれぞれ債務整理方法による
特徴 借金の取り立てを即日ストップ!24時間全国無料相談受付対応、初期費用0円、分割払い可能

◆信頼出来るおすすめ弁護士・司法書士事務所6選

信頼出来るおすすめ法律・法務事務所一覧へ

◆確実に借金を整理・減額・帳消しする3つのステップとは