任意整理とは?手続きの流れと費用・必要書類<メリット・デメリット>

一般に、法律事務所で手がけることが多いのが、この任意整理です。

 

任意整理するには、ある程度の費用と必要書類を用意しないといけませんが、どのように手続きをするのかが分からないと不安なものです。
一通りの任意整理の流れを説明しようと思います。

 

任意整理の流れ

まずは相談し、債務整理方法を決定

まず、弁護士や司法書士と相談して、総借入額や債権者の数、いままでの取引履歴や家計の収支、そしてその上で定収入があるか、自分名義の財産があるかどうかなどを報告します。
その相談をもとに、相談者に一番適していると思われる債務整理の方法をアドバイスしてもらいます。
そしてそのアドバイスをもとに、弁護士、もしくは司法書士と委任契約をします。

 

支払いを停止

その後貸金業者や債権者と和解契約を結び、返済計画が決定してその支払いが始まるまではすべての支払いが停止します。

 

そして弁護士や司法書士が代理人になって、貸金業者に債務整理手続きを行なう旨の通知をします。
そして最初の借り入れ時からの明細開示の要求をします。
受任通知が貸金業者に届いたら、債権者は取り立てや催促を止めないといけません。

 

債権者と弁護士・司法書士が交渉

貸金業者から明細が届いたら、利息制限法によって引き直し計算をして業者側に支払うべき義務がある金額を出します。
引き直し計算をして残高が減った債務をこれからどのように支払っていったらいいか債権者と弁護士、もしくは司法書士の間で交渉します。
そして和解に漕ぎ着けたら、和解契約を締結します。

 

返済開始

その後、和解契約内容を弁護士、もしくは司法書士などから説明がありますので、
それによって決められた返済プランを守って返済していきます。

 

 

専門家に相談することで、有利になる

自分自ら貸金業者に問いあわせて、取引履歴を取り寄せたりすることは実際には難しいので、弁護士や司法書士などの専門家に代理人になってもらう必要があります。
そして任意整理を弁護士などに頼めば、債務者が交渉したり、書類を揃えたりする必要がなく、また書類や不用意な発言によって自分が不利になるのを防げます。

 

相談するのが不安な方はシミュレーションを

いざ任意整理を行いたいと思っても、費用などを考えてしまうとなかなかあと一歩が踏み出せないと思います。
そんな場合は、任意整理などの債務整理を依頼した場合、どの程度減額するのかや、月々の返済額などがシミュレーション出来る街角法律相談所がおすすめです。

 

完全匿名・完全無料なので安心して診断することが出来ます。

 

>街角法律相談所はこちら

 

任意整理の費用

任意整理の費用は、法律事務所によって異なりますが、平均的な相場としては、

  • 着手金が債権者一件当たり4万円程度
  • 事務手数料が2〜4万円程度
  • 成功報酬が債権者一件当たり2万円程度
  • 過払い金請求などで借金を減額できた場合はその金額の10%

また、過払い金請求によって借金がなくなり、お金が返ってきた場合などはその20%が減額報酬として必要になります。
過払い金請求に業者が応じず、裁判になった場合は減額報酬が25%になる場合もあります。
債権者の数が増えた場合、一件当たりの着手金が安くなるところもありますから、しっかり相談してみましょう。
高いと感じるかもしれませんが、それでも専門家を利用するメリットは十分あります。

 

具体的な支払い方法は?

支払い方法も法律事務所によって異なります。
着手金を依頼してすぐに支払わなければいけないところもありますが、多くの法律事務所では分割払いを受け付けています。
分割払いについても、1年以内ならOKというところや半年以内に支払わなければいけないところ、相談によって柔軟に対応してくれるところなど、色々な法律事務所がありますから、事前に把握しておきましょう。

関連記事

>債務整理の費用を分割で支払い可能な弁護士事務所はここ!

 

借金の返済と重なる?

弁護士費用が分割で支払える場合でも、任意整理後の借金と同時に返済していくのは大変だと感じる人もいるでしょう。
ですが、その点についてもきちんと対応してくれる法律事務所が多くあります。
具体的には、弁護士費用の分割支払いが終わってから貸金業者への返済がスタートするように業者と交渉してくれるのです。
例えば、6か月の分割払いで弁護士費用を払う場合、1月に支払いがスタートするなら業者への返済は弁護士費用の支払いが終わった7月からになります。
この点についても、自分が支払い可能なように弁護士と相談しておきましょう。

 

任意整理に必要な書類は?

任意整理に必要な費用、書類などについては、それぞれの事務所ごとに異なります。

  • 身分証明書
  • 借金の残高を示すもの
  • 契約書
  • 闇金の取引履歴があったらその記録
  • クレジットカード
  • 印鑑
  • 毎年の確定申告書や所得を示すもの
  • もし財産があったら、それはどういった種類のものか、登記本や保険証書
  • 退職金などの書類

上記があれば債務整理の判断が早いですが、口頭で説明しても判断ができます。
個人情報の取り扱いは慎重に。
相談後、確認の為に提出や契約の際必要なら、提出するようにしましょう。

 

任意整理を依頼するならどんな弁護士・司法書士が良いの?

さて、任意整理を依頼するなら、どんな弁護士や司法書士がいいのでしょうか。
ポイントを3つ紹介します。

 

借金問題に強い弁護士・司法書士

弁護士や司法書士は、法律を使った問題解決のスペシャリストです。
法律は借金問題はもちろん、相続や刑事事件、損害賠償の事案など多岐に渡っています。
そして、弁護士や司法書士にはそれぞれ得意とする分野があります。
任意整理を依頼するには、借金問題に強い弁護士や司法書士に依頼することが鉄則です。
任意整理は、債権者との交渉が仕事の中心になりますから、借金問題の経験が多い弁護士や司法書士に依頼しないと、思ったような結果を得る事が出来ない場合も多いのです。
借金問題を専門にしている弁護士や司法書士に依頼するようにしましょう。

 

親身になってくれる弁護士・司法書士

借金問題はとてもデリケートな問題です。
ですから、いくら優秀であっても事務的に処理するような弁護士や司法書士は避けた方がいいでしょう。
こちらの悩みを親身になって聞いてくれる弁護士や司法書士を選びましょう。
特に、周囲の人に知られずに任意整理をしたいという人も多いでしょうから、家族のいない時間に連絡してくれるなどの気遣いも出来る弁護士や司法書士に相談しましょう。
事務員ばかりが対応して、なかなか弁護士や司法書士に対面できないような事務所はお勧めできません。

 

弁護士と司法書士の違い

任意整理は、弁護士も司法書士も行うことが出来る業務です。
では、どちらに依頼すればいいのでしょうか。
まず、弁護士と司法書士では、取り扱うことが出来る案件が異なります。
弁護士はどんな借金問題にも対応できますが、司法書士が対応できるのは借金の総額が140万円以下の場合に限られるのです。
借金額によっては、司法書士は利用出来ません。
また、司法書士は地方裁判所の代理人になる事が出来ません。
過払い金請求が裁判になった場合、その対応が出来ないのです。
その分、司法書士の方が費用が安い事が多いようです。
どちらを利用すれば良いかわからない場合は、弁護士や司法書士事務所の無料相談で聞いてみましょう。

 

任意整理のメリット

任意整理の一番のメリットは、裁判所を通すことなく、弁護士、そして債権者との任意の話し合いで整理することが可能ということです。

 

実際に、官報に名前を記載されることを避けられるのはこの任意整理の大きなメリットですね。

 

裁判所を通さないやり方ですので、時間や書類上の手続きを減らすことができます。

 

任意整理では債務の利息をカットできるので、返済しやすくなり、全体的に返済額を減らすことはできるものの、自己破産のように借金を全てなくすことはできないので、月々しっかり計画的に返済して行く必要があります。

 

任意整理のデメリット

デメリットとしてはこの任意整理でも、しっかりブラックリストに載ってしまうということ、そして利息をカットできるものの、それでも毎月返済を計画的にしていかないといけないということです。
全ての債務を免れるわけではないことがこの任意整理であることを良く理解しましょう。
しかしながら、将来的なデメリットを考えると、任意整理は自己破産や個人、民事再生よりもずっとメリットのある方法です。

 

特定調停よりも任意整理の方が有利

もう一つ特定調停という方法もありますが、この方法の最大のデメリットが、特定調停によって債権者の賛成をえられなければ手続きをすすめることができないこと、そして支払いがストップしてしまうと支払いの強制執行をかけられてしまうことです。

 

また、過払い返還請求ができないという、将来元金を返済していく際によりメリットのある交渉条件にする事が出来ないので、任意整理のほうがより有利な条件で返済計画を練ることができると思われます。

 

裁判所を通さない

その人のいまの収入状況、返済の見込み、他の住宅ローンなどの有無、家族との関係などを考慮し、借金返済の方法を考える必要がありますが、任意整理は裁判所を通さないだけに、家族へも内緒で法律家などの専門家に相談するだけで債務整理が可能になる場合があり、事情があり家族に秘密にしておきたいときなどにも有利な方法です。

 

確かに毎月、場合によっては長期に渡る返済が必要ですから、毎月決まった固定的な収入があるのならこの方法は向いています。
最も将来のリスクが少なく、またデメリットを少なくできる方法です。
その上、利息をカットできるので、より完済しやすくなります。
だから計画的に取り組めば、この債務整理によって社会的信用を落すことはありません。

 

まずは法律事務所などで無料相談などを行い、自分にもっとも合っている債務整理の方法を探しましょう。
専門家の知識や方法を利用することで、あなたの将来もクリアになってはずです。

信頼の出来る経験あるおすすめ弁護士事務所はこちら

債務整理や借金について、いきなり法律事務所に相談するのは気が引ける、まずは匿名で相談したい・・・という方は、下記の「借金相談シミュレーター」で「債務の減額方法」や「月々の返済額」についてシミュレーション出来ますので、利用してみてはいかがでしょうか。

5つの質問であなたに合った債務整理方法や月々の返済額を匿名無料診断でチェック!


また、どの弁護士に頼めばいいか検討がつかないという方へ、

借金問題・債務整理の経験豊富で信頼出来る弁護士事務所を紹介いたします。

ぜひ、参考にしてみて下さい。


ランキング第一位弁護士法人サルート法律事務所

ポイント

費用は分割可、即日対応可能、経験と実績のある債務整理のプロです!
弁護士法人サルート法律事務所
弁護士法人サルート法律事務所の相談料は無料、家計の状況に合わせて弁護士費用の支払いも柔軟に対応してくれるだけでなく分割払いも可能です!
さらに、相談だけなら、何度でも無料で相談に乗ってくれるので、安心してきちんと話し合うことが出来ます。

債務者に有利な条件での和解交渉をしっかりとしてくれるうえ、毎月の返済額も長期分割、そしてできるだけ減額してくれます。

債務が75〜100%減額されたケースや債務が減免されたケースなどの実績を持つ弁護士法人サルート法律事務所は、借金を断ち切って新たな人生の再スタートをサポートしてくれる法律事務所です。

24時間365日受付てくれる無料相談は全国対応なので、思い切って今相談することが完済への近道です。
親切かつ丁寧に相談に応じてくれるので一人で悩まずに、まずは相談してみて下さい!

電話無料相談:0120-403-991

詳細はこちらから

無料相談 相談フォームにて24時間受付中
初期費用 初期費用なし/着手金・成功報酬・減額報酬・過払報酬はそれぞれ債務整理方法による
特徴 借金の取り立てを即日ストップ!24時間全国無料相談受付対応、初期費用0円、分割払い可能

◆信頼出来るおすすめ弁護士・司法書士事務所6選

信頼出来るおすすめ法律・法務事務所一覧へ

◆確実に借金を整理・減額・帳消しする3つのステップとは