任意整理後の借り入れって出来る?可能?

任意整理をしたからといって、一生涯借入ができないわけではありません。
任意整理をしてから一定期間を経れば、またクレジットカードを作ったり、ローンを組むことは可能です。

 

任意整理後の借入について

 

任意整理の手続きを終えてから5年間は、個人情報信用機関に
事故情報として登録されることから、一切の借金が不可能となります。
よほど悪質な金融会社であれば、高額な利子を付けて貸してくれることもありますが、
これでは何のために任意整理をしたのかが分からなくなるでしょう。

 

ちなみに、人によっては5年経過する前から借入が可能なこともありますが、
ほとんどの場合、5年間は借入の審査に通過することはできません。

 

任意整理後に借入するベストタイミング

 

任意整理後に借入するタイミングですが、実際に審査を受ける前に
個人情報信用機関に照会してみると良いでしょう。
目安としては、任意整理から5年経過した辺りがベストです。

 

JICC、CIC、KSCが大手の信用情報機関ですが、これらの機関に照会して
事故情報が掲載されていないか確認してから、ローンやキャッシングなどの審査を受けることをお勧めします。

 

万が一、まだ信用情報機関に事故情報が登録されている場合、どんなに審査が甘いところを利用しようと思っても、
なかなか審査に通らないということが起きてくるため注意が必要です。

 

一定期間が経過しても借入出来ないケースがある?!

 

基本的には、信用情報機関から事故情報が削除された時点で、
ローンやクレジットカードの契約、キャッシングの申込などが可能となりますが、
一部の金融機関からは借入出来ないことがあります。

 

ようするに、事故情報が上がるきっかけとなった金融機関は、二度と利用することができないのです。
当然といえば当然のことですが、各金融機関の判断に任されているものの、
基本的に完済できずに任意整理した過去データは金融機関側で保管されているわけですから、
その情報は長い間消えないということになるでしょう。

 

つまり、今まで利用したことがない金融機関を利用するのであれば、ローンも借入も可能だということになります。

 

信頼の出来る経験あるおすすめ弁護士事務所はこちら

債務整理や借金について、いきなり法律事務所に相談するのは気が引ける、まずは匿名で相談したい・・・という方は、下記の「借金相談シミュレーター」で「債務の減額方法」や「月々の返済額」についてシミュレーション出来ますので、利用してみてはいかがでしょうか。

5つの質問であなたに合った債務整理方法や月々の返済額を匿名無料診断でチェック!