「債務整理」と「任意整理」の違い〜意味〜

任意整理と債務整理。
この2つはとてもよく似ている言葉なため、同じような意味合いと感じる方が多いかもしれません。
実際、任意整理と債務整理は大枠では同じ意味です。
どちらも「借金を整理」することという意味では変わりありません。
ただし、「債務整理」は借金を整理することの総称であり、
「任意整理」はその方法の一つですので、言葉の意味としては異なります。

 

このページでは、再度「任意整理」についての説明と、「債務整理」との違いをご説明します。

 

任意整理とは

任意整理とは、用語が指し示す意味の通りで、「借入を任意で整理すること」になります。
裁判所を通すことなく、いわゆる交渉によって借金の整理を行うというのが任意整理の特徴でもあります。
自分で行なうよりも、法の専門家である弁護士に相談することで、円滑な解決へと向かうでしょう。

 

たとえば、利息が法の制限を越えたものを計算しなおし、正しい利息で支払いを行なったり、
これまで支払ってきた分を返済に充当して、借入の完済を行なうような手続きとなります。

 

出資法に違反して貸付を行なっている業者はたくさんあります。
それを正すべく、任意整理を行なうのです。
借金を大幅に減額することだってできる可能性があります。

 

ただし、このような可能性については、現状把握が大切です。
まずは、現時点で借入を行なっている業者から、借入の金額や返済の状況、利息についてなどの情報を把握しなければなりません。
そこから、任意整理によってメリットがあるかを判断してから、手続きを行うことになるのです。

 

任意整理で解決できない場合には、別の債務整理を行わなければならないことも念頭に置くべきでしょう。

 

債務整理の種類

一言に債務整理といっても、その内容はいくつかの選択肢があります。
そこから、最適な解決策を探さなければなりません。

 

債務整理は、任意整理のほかに、民事再生自己破産などの手続きがあります。
任意整理で解決できると良いのですが、借入の状況によっては、それでは借入の減額ができないこともあるのです。

 

出資法の範囲内で貸付が行なわれている場合には、全て返済しなければならないものであることも考えられます。
だからこそ、民事再生や自己破産の手続きを行なわなければならないかもしれません。

 

民事再生や自己破産の手続きを行なうなら

債務整理を進めるには、法的な手続きが必要になることが多々あります。
つまり、弁護士に相談して、手続きに必要な書類を作成したり、現状把握を行ない、これからどのようにして生活を立て直すべきかの素案を練らなければならないという状況にも繋がります。

 

特に民事再生や自己破産の手続きは、素人が手をつけるものではないというのが一般的。
膨大な資料の作成や借入先との交渉など、日常生活を送りながら処理できるようなものではないのです。

 

だからこそ、弁護士に相談を行い、債務整理をするというスタイルが取られるのでしょう。
ただ、弁護士といっても専門的な分野がそれぞれ異なりますので、どのような問題を解決してくれるかを確認するようにしましょう。

 

基本的には、無料相談で自分の債務はどの方法で整理出来るかを相談出来ますから、まずは電話で相談してみるとよいでしょう。

信頼の出来る経験あるおすすめ弁護士事務所はこちら

債務整理や借金について、いきなり法律事務所に相談するのは気が引ける、まずは匿名で相談したい・・・という方は、下記の「借金相談シミュレーター」で「債務の減額方法」や「月々の返済額」についてシミュレーション出来ますので、利用してみてはいかがでしょうか。

5つの質問であなたに合った債務整理方法や月々の返済額を匿名無料診断でチェック!