任意整理中でも融資は可能なの?融資してもらうポイントと気をつけるべきこと

任意整理中に、どうしても融資を受ける必要が出てきた場合、審査に通過して無事融資を受けることはできるのでしょうか。
また、もしも融資を受けることができる可能性があるならば、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。

 

任意整理中の融資について

 

大々的に言われているわけではありませんが、任意整理中でも融資を受けることは可能です。
ただし、大手の金融機関や、金利が低い金融機関などからは融資を受けることはできません。

 

金利がかなり高く、今まで耳にした事がないような怪しい金融機関から融資を受けるしかないでしょう。
ようするに、闇金を利用するしかないのです。

 

実際に任意整理中に闇金から融資を受ける人は存在しますが、かなりの利子がつくことになりますので、あっという間に莫大な借入金額に膨らむのは言うまでもありません。

 

任意整理中の借入ポイント

 

お勧めはしませんが、どうしても任意整理中に借入をしたいのであれば、いくつか抑えておきたいポイントがあります。

 

借入中の金融機関の借入金額、残りの返済回数、月々の返済金額が分かっている。
勤続年数が2年近くはあること。
居住年数が最低でも1年以上はあること。
長期間に亘って延滞していないこと。
遅れることなく返済することを担当者に伝えること。

 

以上の5つのポイントは、最低限抑えておくようにしましょう。

 

任意整理中に融資を受けるリスク

 

任意整理中に融資を受けるリスクは、改めて語るまでもありません。
そもそも、融資をしてくれる消費者金融は皆無に近いですし、
ひとまず信用情報機関から事故情報が消える5年間は、有利な条件で融資を受けることは不可能です。

 

自己破産とは違って、任意整理は毎月お金を返済していくことがほとんどです。
稀に過払い分で完済できることもありますが、ほとんどの場合は、正当な利子の計算方法に直され、過払いした分の金額が引かれた残り金額を毎月分割返済していきます。

 

返済が困難になったため任意整理をしたわけですから、この状態で更に借金を重ねることはリスクにしかならないでしょう。

 

関連ページ

◆債務整理の費用を分割で支払い可能な弁護士事務所はここ!

 

◆信頼出来るおすすめ法律事務所一覧へ

 

信頼の出来る経験あるおすすめ弁護士事務所はこちら

債務整理や借金について、いきなり法律事務所に相談するのは気が引ける、まずは匿名で相談したい・・・という方は、下記の「借金相談シミュレーター」で「債務の減額方法」や「月々の返済額」についてシミュレーション出来ますので、利用してみてはいかがでしょうか。

5つの質問であなたに合った債務整理方法や月々の返済額を匿名無料診断でチェック!