債務整理【特定調停】とは記事一覧

特定調停は、平成12年から導入された比較的新しい債務整理の方法で、その目的はおもに簡易裁判所を利用して債務を減らす手続きをすることです。債務者本人が債権者と話し合う、協議をする手続きになります。裁判所が調停委員というものを立ててくれ、その間に入り、合意を取り付けるお手伝いをしてくれます。特定調停を利...

特定調停は、簡易市裁判所で調停委員の力添えを得ながら、債務者が本人の借金の減額や支払い方法の変更などについて、貸金業者と交渉を行う手続きとなります。特定調停には「自己破産や個人民事再生よりも手続きが簡略化されている」「裁判所が選定した調停員がとりまとめを行ってくれる」という特徴があるため、比較的自力...

長く不景気が続いたこともあって、多くの中小企業が倒産する事態が続いています。そのため、新たに設けられたのが特定調停スキームです。特定調停スキームって一体何なの?!簡単にいうと、経営が困難となった中小企業を救済する対応策の中の1つです。対象となるのは、年商20億円以下、負債総額が10億円以下の中小企業...

特定調停を行った後に、過払い請求を行うことは可能なのでしょうか。詳しく取り上げていくことにしましょう。過払い請求が可能であるケースは存在する特定調停は、任意整理と混同されることが多々あります。しかし、明らかな違いを一つ挙げるとすれば、裁判所の介入があるかないかということになってくるでしょう。特定調停...

特定調停は裁判所へ申し立てを行う必要がありますが、どの裁判所を選んでも良いというわけではなく、原則として債権者の本店所在地、営業所所在地、住所地を管轄する「簡易裁判所」となります。しかしながら、債権者が複数存在する場合や、債権者が複数の店舗で取引を行っている場合など、どの裁判所で申し立てを行うべきか...

「特定調停後を行うと、住宅ローンの審査に通らなくなる」という話を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか?結論から言うと、特定調停で債務整理を行った場合、官報と信用情報機関にその情報が登録されるため、住宅ローンを組むのは難しくなるというのが実情です。では、特定調停はどの程度の期間、住宅ローンの...