特定調停を弁護士に相談依頼したい!弁護士選びの3つのポイント

特定調停は、簡易市裁判所で調停委員の力添えを得ながら、債務者が本人の借金の減額や支払い方法の変更などについて、貸金業者と交渉を行う手続きとなります。

 

特定調停には

  • 「自己破産や個人民事再生よりも手続きが簡略化されている」
  • 「裁判所が選定した調停員がとりまとめを行ってくれる」

という特徴があるため、比較的自力で手続きや交渉を行いやすいと言われています。

 

しかし、実際には取引履歴の開示請求や書類の作成などの煩雑な作業や、平日に裁判所へ足を運ぶ必要などがあるため、仕事を持つ方が自力で行うのは困難だというのが実情です。

 

そこで、今回は特定調停の相談先を選ぶ際のポイントをご紹介したいと思います。

 

初回相談料が無料である

最近は、多くの事務所で債務整理の無料相談を行っています。
まずは無料相談を活用し、多くの弁護士に合い人柄や対応力をチェックしましょう。

 

債務整理の実績を確認する

 

特定調停などの債務整理は「弁護士にとって日常業務のようなもの」と言われることが多く、誰が担当しても結果は同じという考え方もあるようです。

 

しかし、やはり債務整理の実績が豊富な事務所は、交渉や手続き、書類などの作成が迅速に進むことが多いため、依頼者側が得られるメリットも大きくなります。
特定調停だからといって甘く見ず、相談時に実績を確認するのを忘れないようにしましょう。

 

弁護士や事務員の所属が多いかどうか

特定調停のような債務整理の場合、実はその業務の多くは弁護士ではなく事務員が担当することになります。
つまり、特定調停がスムーズに進むかどうかの鍵は、弁護士だけでなく事務員も握っているという訳です。

 

そのため、事務員の所属が多い事務所の場合は手続きの進み方が早い傾向にあり、弁護士が行う最終段階の手続きや交渉までスムーズにすすむ場合が多いケースが目立ちます。
相談先を探す場合には、弁護士の評判とあわせて、事務員の数や事務所の規模も確認しておくと良いでしょう。

信頼の出来る経験あるおすすめ弁護士事務所はこちら

債務整理や借金について、いきなり法律事務所に相談するのは気が引ける、まずは匿名で相談したい・・・という方は、下記の「借金相談シミュレーター」で「債務の減額方法」や「月々の返済額」についてシミュレーション出来ますので、利用してみてはいかがでしょうか。

5つの質問であなたに合った債務整理方法や月々の返済額を匿名無料診断でチェック!