特定調停の管轄は?<申し立て先はどこの裁判所?>

特定調停は裁判所へ申し立てを行う必要がありますが、どの裁判所を選んでも良いというわけではなく、原則として債権者の本店所在地、営業所所在地、住所地を管轄する「簡易裁判所」となります。

 

しかしながら、債権者が複数存在する場合や、債権者が複数の店舗で取引を行っている場合など、どの裁判所で申し立てを行うべきか迷うこともあります。
そこで、今回は特定調停の申し立て先の考え方についてご説明したいと思います。

 

債権者が単独の場合の申し立て

 

債権者が単独の場合は、その債権者の本社・住所・営業所・事務所がある地域を管轄する簡易裁判所へ特定調停を申し立てることになります。
例えば、債権者の本社が東京にある場合は、東京を管轄する簡易裁判所、つまり東京簡易裁判所へ申し立てを行えば良い、ということになります。

 

債権者が複数の場合の申し立て

 

債権者が多数存在する場合、どの裁判所へ申し立てを行うべきか迷う方も多いはずです。
このケースでは、債権者の管轄が同一か別々か、まず確認する必要があります。

 

各債権者の管轄が同一の場合

 

債権者の管轄が同一だった場合は、債権者ごとに裁判所や手続きを行う必要はありません。
このケースでは、特定調停は一つの手続きで行われるため、債権者ごとに申し立てを行う必要はありません。

 

例えば、すべての債権者の本社や事務所、営業所などが東京に構えられていた場合は、東京簡易裁判所へ申し立てを行うだけでOKです。

 

各債権者の管轄が複数にわたる場合

 

債権者がそれぞれ別の地域に本社や事務所などを構えている場合は「最も多くの債権者の本社・住所・事務所・営業所を管轄する簡易裁判所」へ申し立てを行うことになります。

 

例えば「A社、B社、C社、D社、E社、F社」という債権者があり、「A社、B社、C社の本社所在地が東京」「D社、E社の事務所所在地が名古屋」「F社の本社所在地が大阪」といった場合は、最も多くの債権者の本社所在地を管轄する東京簡易裁判所へ申し立てを行えば良い、ということになります。
(別途、名古屋や大阪の簡易裁判所へ申し立てを行う必要はありません)

 

また、もしも特定調停の申し立てを行う裁判所を間違ってしまっても、裁判所の事務官や書記官が指摘をしてくれるので、その指示に従って訂正を行えば問題ありません。
どうしても管轄が判断できない場合は、最寄りの簡易裁判所へ相談するのも一つの方法です。

信頼の出来る経験あるおすすめ弁護士事務所はこちら

債務整理や借金について、いきなり法律事務所に相談するのは気が引ける、まずは匿名で相談したい・・・という方は、下記の「借金相談シミュレーター」で「債務の減額方法」や「月々の返済額」についてシミュレーション出来ますので、利用してみてはいかがでしょうか。

5つの質問であなたに合った債務整理方法や月々の返済額を匿名無料診断でチェック!


また、どの弁護士に頼めばいいか検討がつかないという方へ、

借金問題・債務整理の経験豊富で信頼出来る弁護士事務所を紹介いたします。

ぜひ、参考にしてみて下さい。


ランキング第一位弁護士法人サルート法律事務所

ポイント

費用は分割可、即日対応可能、経験と実績のある債務整理のプロです!
弁護士法人サルート法律事務所
弁護士法人サルート法律事務所の相談料は無料、家計の状況に合わせて弁護士費用の支払いも柔軟に対応してくれるだけでなく分割払いも可能です!
さらに、相談だけなら、何度でも無料で相談に乗ってくれるので、安心してきちんと話し合うことが出来ます。

債務者に有利な条件での和解交渉をしっかりとしてくれるうえ、毎月の返済額も長期分割、そしてできるだけ減額してくれます。

債務が75〜100%減額されたケースや債務が減免されたケースなどの実績を持つ弁護士法人サルート法律事務所は、借金を断ち切って新たな人生の再スタートをサポートしてくれる法律事務所です。

24時間365日受付てくれる無料相談は全国対応なので、思い切って今相談することが完済への近道です。
親切かつ丁寧に相談に応じてくれるので一人で悩まずに、まずは相談してみて下さい!

電話無料相談:0120-403-991

詳細はこちらから

無料相談 相談フォームにて24時間受付中
初期費用 初期費用なし/着手金・成功報酬・減額報酬・過払報酬はそれぞれ債務整理方法による
特徴 借金の取り立てを最短即日ストップ!24時間全国無料相談受付対応、初期費用0円、分割払い可能

◆信頼出来るおすすめ弁護士・司法書士事務所6選

信頼出来るおすすめ法律・法務事務所一覧へ

◆確実に借金を整理・減額・帳消しする3つのステップとは