特定調停後住宅ローンは組める?審査は通る?

「特定調停後を行うと、住宅ローンの審査に通らなくなる」という話を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか?

 

結論から言うと、特定調停で債務整理を行った場合、官報と信用情報機関にその情報が登録されるため、住宅ローンを組むのは難しくなるというのが実情です。
では、特定調停はどの程度の期間、住宅ローンの審査に影響を及ぼすのでしょうか?

 

特定調停で住宅ローンを組むのが難しくなる期間とは

住宅ローンは、与信取引の中でも最も金額が大きくなるものの一つです。
そのため、融資を行う銀行などの金融機関は、審査の際に必ず「申込者の信用情報を確認する」ことになります。
この信用情報の確認を行う先の一つが、信用情報機関です。

 

特定調停によって債務整理を行った場合、各信用情報機関に特定調停を行った記録が残るため、この期間中はまず、住宅ローンの審査を通過することはできないと考えて良いでしょう。
裏を返せば、各信用情報機関から特定調停の情報が削除されれば、住宅ローンの審査を通過する可能性が出てくる、ということになります。

 

特定調停の情報が削除されるタイミングとは

各信用情報機関に特定調停の情報が残るのは「5年間」となっています。
では、この5年間のカウントダウンの起算点は一体どこからなのでしょうか?

 

一般的に、特定調停の返済期間は3年で設定されますが、起算点が特定調停の申込み日の場合と完済日の場合では、情報の削除に3年以上の差が出ることになります。
そのため、信用情報機関が「どの時点で5年間のカウントダウンを始めるか」ということは、非常に重要なチェックポイントとなります。

 

実際にはカウントの起算点はどこに設定されている?

住宅ローンを検討している方にとっては残念なことではありますが、信用情報機関側の本音として「債務整理の情報は、できるだけ長く残しておきたい」というものがあるため、ほとんどの場合、起算点は「完済日」となっています。

 

また、事故情報の登録期間が過ぎていても

 

「債務整理者側から削除依頼が出されていない」

 

「特定調停後に他の事故情報や遅延情報が登録された」

 

といったことを理由に、登録期間が延びるといったケースもあるので注意が必要です。

 

そのため、特定調停後に住宅ローンの申込みを検討している方は、申込み前に信用情報機関へ開示請求を行い、事故情報の削除について確認をすることをおすすめします。

信頼の出来る経験あるおすすめ弁護士事務所はこちら

債務整理や借金について、いきなり法律事務所に相談するのは気が引ける、まずは匿名で相談したい・・・という方は、下記の「借金相談シミュレーター」で「債務の減額方法」や「月々の返済額」についてシミュレーション出来ますので、利用してみてはいかがでしょうか。

5つの質問であなたに合った債務整理方法や月々の返済額を匿名無料診断でチェック!


また、どの弁護士に頼めばいいか検討がつかないという方へ、

借金問題・債務整理の経験豊富で信頼出来る弁護士事務所を紹介いたします。

ぜひ、参考にしてみて下さい。


ランキング第一位弁護士法人サルート法律事務所

ポイント

費用は分割可、即日対応可能、経験と実績のある債務整理のプロです!
弁護士法人サルート法律事務所
弁護士法人サルート法律事務所の相談料は無料、家計の状況に合わせて弁護士費用の支払いも柔軟に対応してくれるだけでなく分割払いも可能です!
さらに、相談だけなら、何度でも無料で相談に乗ってくれるので、安心してきちんと話し合うことが出来ます。

債務者に有利な条件での和解交渉をしっかりとしてくれるうえ、毎月の返済額も長期分割、そしてできるだけ減額してくれます。

債務が75〜100%減額されたケースや債務が減免されたケースなどの実績を持つ弁護士法人サルート法律事務所は、借金を断ち切って新たな人生の再スタートをサポートしてくれる法律事務所です。

24時間365日受付てくれる無料相談は全国対応なので、思い切って今相談することが完済への近道です。
親切かつ丁寧に相談に応じてくれるので一人で悩まずに、まずは相談してみて下さい!

電話無料相談:0120-403-991

詳細はこちらから

無料相談 相談フォームにて24時間受付中
初期費用 初期費用なし/着手金・成功報酬・減額報酬・過払報酬はそれぞれ債務整理方法による
特徴 借金の取り立てを最短即日ストップ!24時間全国無料相談受付対応、初期費用0円、分割払い可能

◆信頼出来るおすすめ弁護士・司法書士事務所6選

信頼出来るおすすめ法律・法務事務所一覧へ

◆確実に借金を整理・減額・帳消しする3つのステップとは