借金から逃げています【結婚・妊娠・家族は自己破産済】

今現在借金を抱えています。

 

複数の消費者金融、銀行から借金をしていて、合計で100万円近い数字になってしまっています。
しかもここ数年仕事をしておらず、会社を辞めてから支払いも滞ってしまっています。

 

携帯電話を始めとした、請求は自分のところではなく実家に来ているので、どんな状況になっているのかはっきりしておらず、把握する気もなくなっています。

 

さらにこの状況でありながら、実は妊娠をしています。7ヶ月です。
結婚はしていないのですが、結婚をする予定はしています。
妊娠しているため、働けませんし、家族は以前自己破産をしているため、頼ることも出来ません。

 

結婚相手となる人の収入は一月の給料15万円前後です。

 

正直言って、このまま生活できるとも思いませんし、子供を産むことも
できないと思っています。

 

非常に、大きな絶望感を感じています。
子供を産む資格も無いことも感じます。
どうすれば良いでしょうか。(20代女性)

 

破産をするかどうかは結婚相手としっかり話し合う必要がありますよ。
私は今の旦那が借金をしているとは知らずに、結婚をしました。
今は債務整理でなんとかなっている状況です。
事前に知っていれば、おそらく結婚はしませんでした。
700万円ほどの借金を返済するのはとても大変です。
ちゃんと返済していたこともあり過払いでだいぶ減りましたが、でも400万弱です。

 

とにかく子供を産んだらすぐに仕事をしましょう。
仕事をしていれば、支払える範囲で相談をすることができるはずです。
このままだと結婚相手が何か大きな買い物をしようとした時に、借金のせいでローンが組めない事態になる可能性が高いです。
その時こそ本当の修羅場になってしまいます。
(30代女性)

今の現状は決して良い状況ではありません。
借金の金額や、携帯電話等の請求から目をそらしているようですが、それでは何も変わりません。

 

裁判沙汰になる可能性も十分にあります。
もしかしたらあなたの知らないところで裁判が始まっている可能性すらあります。

 

ここまできてしまうと、自己破産以外の手段はないと考えるべきかもしれません。
あなたは自己破産、債務整理をすることで家族に迷惑が・・・と考えているのかもしれません。
ただ、自己破産等で影響があるのは、あくまでも破産をするその人だけです。
家族に大きな影響が出てくることはあまりないので安心をして下さい。

 

仮にそれを気にしていては、手続を進めていくことはできません。

 

これからどうすれば良いかですが、まず市役所の無料相談でも、法テラス等の無料相談でもなんでも良いので、弁護士に相談をしてみてください。
お住まいの地域で相談会を見つけていくことは必ずできます。

 

最後になりますが、あなたは、結婚をする時、会社を辞める時、子供を作る時・・・と本来経済的な状況と向き合わなければいけない局面から逃げてきています。

 

今回は逃げないでください。

 

子供が生まれてから借金に対応するというのは今以上に難しくなります。
少なくとも今対処をして、子供が生まれるころには、方針が決まっているくらいの状況を作っておくべきです。
(40代男性)

結婚するかどうかも弁護士と相談をしてみてください。
これは個人的な意見ですが、この状況で結婚するというのは、社会的にも良い評価は受けず、「非常識」という目で見られてしまうのが一般的です。
(30代女性)

 

関連ページ

◆匿名&無料で債務整理の減額チェックシミュレーション

 

◆債務整理の費用を分割で支払い可能な弁護士事務所はここ!

 

◆信頼出来るおすすめ法律事務所一覧へ

結婚したら借金はばれる?結婚の前に借金を返済するにはどうしたら良いのでしょうか?

結婚

結婚は人生の一大イベントです。

ですが、結婚する時に借金がある人はどうなるでしょう。
これから新しい生活が始まるというのに、借金がいきなりあったのでは不安ですね。
それに、借金が相手にばれてしまったら婚約解消という事にもなりかねません。
結婚で借金はばれるのでしょうか。
また、結婚前に借金を返済するにはどうすればいいのでしょうか。

 

結婚しても借金はばれない?

建前から言うと、結婚するからと言って借金をしている情報が配偶者に届くという事はありません。
結婚する前に相手のご両親などが探偵を使って身辺調査を行うこともあり、そういった場合は借金している事は簡単にばれてしまいますが、そのような相手でない限り、結婚前に借金がばれてしまうことは、自分が気をつけていれば防げるでしょう。
現在では、借金の取り立てに関しても貸金業規制法によって様々な規制があり、家族にばれるような取り立ても禁止されていますから、建前上は配偶者にばれることはないと言えなくもありません。
それぐらい、個人情報の保護は厳重に行われているのです。

 

でも・・・隠し通すのは難しい

結婚すると、大抵の場合家計は一緒に管理することになります。
夫の収入も妻の収入も、両方を一つにして必要なものを支出していく事がほとんどでしょう。
特殊なケースでは、片方が生活費として必要な分だけをもう片方に渡して、残りは好きに使うというパターンもありますが、そのような形を取る人は少ないでしょう。
そのような形の場合は、借金を隠し通すことも不可能ではありませんが、それでも支払いが滞ったり、返済を忘れて返済日を過ぎてしまったりして、催促の電話が自宅にかかってきた時などにはばれてしまいます。
収入を把握されてしまっている場合などは、まず隠し通す事は不可能でしょう。
借金を隠して結婚したりすると、それがばれた時に離婚問題に発展するケースも珍しくありません。
取り立てなど、外部からの情報でばれることはあまりありませんが、一緒に生活していくうえで借金を隠して返済を続けていく事は難しいのです。
借金を隠して結婚する事は、事実上不可能だと考えた方がいいでしょう。

 

借金をどうやって返済する?

相談

もちろん、結婚前に借金を完済する事が出来ればそれで万事解決です。

実際、結婚する前に一生懸命借金を返済している人も少なくありません。
ですが、結婚するまでに借金の返済をする事が不可能な人もいるでしょう。
そのような場合は、どうすればいいのでしょうか。

 

両親からの援助も受けられない場合は、弁護士事務所や司法書士事務所に相談してみましょう。
借金問題に詳しい弁護士や司法書士なら、返済しきれない借金を整理する方法を熟知しています。

 

信頼出来るおすすめ法律・法務事務所一覧へ

 

◆確実に借金を整理・減額・帳消しする3つのステップとは

 

債務整理をするとローンが組めなくなる?

クレジットカード

具体的には、任意整理や個人再生、自己破産などで借金を返済出来る額にまで減らしたり、借金そのもの帳消しに出来る場合もあります。

そのような方法を使った場合はそれから5〜10年程度、新しいクレジットカードを作る事が出来なくなったり、住宅ローンを組めなくなったりするなどのデメリットもあります。

 

ですが、基本的に債務整理情報や金融事故情報は個人のものです。
借金をしていない夫や妻などは、クレジットカードが作れなくなったり住宅ローンが組めなくなるといったことはありません。

 

また、女性の場合は結婚して姓が変わる事が多いと思いますし、養子として相手の家に入って姓が変わる人もいるでしょう。
そうなると、クレジットカードが普通に作れたりします。
これは、信用情報センターで個人を特定する情報が、氏名と生年月日になっているからです。
結婚して姓が変わった後なら、過去に自己破産などをしていても貸金業者には分からないのです。

 

しかし、借金を減額したり帳消しにしたりした金融機関やそのグループ会社には、金融事故の情報がほぼ永久に残りますから、今後その関係の金融機関を利用することは不可能です。

 

弁護士などに依頼して借金をなくすことが出来ても、それは覚えておきましょう。

借金から逃げる方法はあるの?

返しても返しても終わらない借金から逃げ出したいと思ってしまう方も多いでしょう。
でも、本当に借金から逃げる方法はあるのでしょうか。

 

夜逃げは不可能

借金から逃げるというと、夜逃げを連想するのではないでしょうか。
夜逃げをして行方をくらまし、借金の消滅時効である5年間逃げ続ければ、借金はなくなると思っている人もいるのではないでしょうか。
ですが、この方法は現実的ではありません。
裁判所に訴えを提起するなど、時効を止める方法はいくらでもありますし、債権者が債権を取り立て屋に売り払った場合、怖い取り立て屋が独自のノウハウで借主を探し出す場合もあります。
それに、逃げている間の生活費はどうするのでしょうか。
今の勤務先で働き続けていると、住所が変わってもすぐに見つかってしまいます。
夜逃げで借金から逃げる事はほぼ不可能なのです。

 

債務整理する方法

夜逃げなどをしなくても、合法的に借金を減らしたり、無くしたりすることが出来ます。
それが債務整理です。

  • 任意整理:利息をカットしてもらったり、過払い金請求などで借金を減らす方法
  • 個人再生:裁判所に申し立てることで、借金を5分の1程度に減額してもらい、その金額を3年で支払うという方法
  • 自己破産:個人再生と同じように裁判所に申し立てることで、借金をすべてチャラにする方法

これらの方法で、本来払うべきだった満額の借金から逃げることが出来ます。

 

弁護士や司法書士に依頼する

これらの債務整理は、自分で手続きを行うことも不可能ではありませんが、素人が自分でやるには手間と時間がかかり過ぎます。
そこで、弁護士や司法書士に依頼するのがいいでしょう。
任意整理は貸金業者との交渉が必要ですし、個人再生や自己破産は裁判所での煩雑な手続きがあるので、専門家に任せた方が確実です。
それに、どの方法が一番あなたに合っているかも考えてもらえるのです。
借金から逃げたくなったら、弁護士や司法書士を頼るといいでしょう。

信頼の出来る経験あるおすすめ弁護士事務所はこちら

債務整理や借金について、いきなり法律事務所に相談するのは気が引ける、まずは匿名で相談したい・・・という方は、下記の「借金相談シミュレーター」で「債務の減額方法」や「月々の返済額」についてシミュレーション出来ますので、利用してみてはいかがでしょうか。

5つの質問であなたに合った債務整理方法や月々の返済額を匿名無料診断でチェック!


また、どの弁護士に頼めばいいか検討がつかないという方へ、

借金問題・債務整理の経験豊富で信頼出来る弁護士事務所を紹介いたします。

ぜひ、参考にしてみて下さい。


ランキング第一位弁護士法人サルート法律事務所

ポイント

費用は分割可、即日対応可能、経験と実績のある債務整理のプロです!
弁護士法人サルート法律事務所
弁護士法人サルート法律事務所の相談料は無料、家計の状況に合わせて弁護士費用の支払いも柔軟に対応してくれるだけでなく分割払いも可能です!
さらに、相談だけなら、何度でも無料で相談に乗ってくれるので、安心してきちんと話し合うことが出来ます。

債務者に有利な条件での和解交渉をしっかりとしてくれるうえ、毎月の返済額も長期分割、そしてできるだけ減額してくれます。

債務が75〜100%減額されたケースや債務が減免されたケースなどの実績を持つ弁護士法人サルート法律事務所は、借金を断ち切って新たな人生の再スタートをサポートしてくれる法律事務所です。

24時間365日受付てくれる無料相談は全国対応なので、思い切って今相談することが完済への近道です。
親切かつ丁寧に相談に応じてくれるので一人で悩まずに、まずは相談してみて下さい!

電話無料相談:0120-403-991

詳細はこちらから

無料相談 相談フォームにて24時間受付中
初期費用 初期費用なし/着手金・成功報酬・減額報酬・過払報酬はそれぞれ債務整理方法による
特徴 借金の取り立てを最短即日ストップ!24時間全国無料相談受付対応、初期費用0円、分割払い可能

◆信頼出来るおすすめ弁護士・司法書士事務所6選

信頼出来るおすすめ法律・法務事務所一覧へ

◆確実に借金を整理・減額・帳消しする3つのステップとは