闇金対策方法5ポイント<電話対応や撃退法>

闇金は利用しない方が良いと分かっていても、最近は悪質な業者が増えていることもあって、判別がつかなくなってきています。
そこで、闇金対策方法の5ポイントについてご紹介していくことにしましょう。

 

金利を確かめる

 

金利の確かめ方としては、上限金利がどのくらいなのかを見る方法があります。
現在、出資法で決められているのは年利20%です。
闇金の場合は、年利20%どころか1000%を超えることもありますので、必ず確認するようにしましょう。

 

ちょっとでも異変を感じたら署名捺印を避ける

 

お金に困っているときは、些細な違和感を見逃しがちです。
しかし、冷静になって考えてみると、その違和感は見逃してはいけないことだったと分かるはずでしょう。

 

特に借入をした途端、担当者の態度が急変したり、督促がしつこい場合は言うまでもなく闇金です。
ですから、署名や捺印をする前に冷静な判断が下せるようにしておきましょう。

 

電話では淡々と対応する

 

電話口で大きな声を出されたり、脅されるようなことがあったとしても、気にする必要はありません。
そもそも闇金の場合は、違法な融資となりますので、借入をしても返済の義務はないのです。

 

ようするに、そのまま踏み倒しても闇金から督促の連絡が来るくらいのことであって、法で罰されることはありません。
だからこそ、何を言われても冷静な対処をした方が良いのです。

 

金融庁HPで登録業者かを確認

 

貸金業を行う場合は、かならず登録貸金業者として登録が必要となります。
万が一、名前が出てこなかったときは、登録されていないわけですから、闇金だと判断しても良いでしょう。

 

尚、悪質な業者によっては、財務局登録番号を偽造しているケースもあるようです。
そのような場合も、金融庁のHPから確認することができますので、必ず目を通しておくことをおすすめします。

 

 

以上が5つのポイントでしたが、そもそも闇金とやり取りをしなければならないような金銭状態を作らないのが一番です。
金銭管理はしっかりと行って、闇金を寄せ付けないようにしましょう。

 

 

信頼の出来る経験あるおすすめ弁護士事務所はこちら

債務整理や借金について、いきなり法律事務所に相談するのは気が引ける、まずは匿名で相談したい・・・という方は、下記の「借金相談シミュレーター」で「債務の減額方法」や「月々の返済額」についてシミュレーション出来ますので、利用してみてはいかがでしょうか。

5つの質問であなたに合った債務整理方法や月々の返済額を匿名無料診断でチェック!