弁護士と司法書士の違い

弁護士と司法書士は両方、債務整理業務の代理人になることはできます。

 

2003年の法改正によって司法書士には、140万円以下の訴訟代理権と交渉権が与えられるようになりました。
ですから、借金の総額が140万円以下の方は司法書士に債務整理の相談をすることができます。
ただし、間違えないようにしたいのは、一つの債権者について140万以下であっても、債務者自身が色々な業者から借金をしていて、借金の総額が140万円を超える場合は司法書士ではなく、弁護士に相談しないといけないということです。

 

また、司法書士の場合は訴訟を代理するときに、簡易裁判所にしか申し立てができないので、他の地方裁判所などに案件が持ち込まれる場合には弁護士に任せることになります。

 

ですから、この総債権額というのが非常に大事です。
もし複数の債権者に借金をしている場合、または総債権額が多い人には、どうしても借金の総額が膨らみ、問題も複雑化していることが多いでしょう。
ですから集団訴訟の可能性や、その他の対策にも通じている弁護士のほうが、この場合には適しているでしょう。

 

もし、債権者が1件とか、多くても数社であり、しかも140万円以下であったら司法書士で問題を解決することも可能になりますのでまずは無料相談でもいいので、自分の最適な解決法を探す為に最初に相談してもいいでしょう。
大きな事務所になると、司法書士や弁護士双方揃っている場合があるので事務所内で適切な相談相手、専門家を紹介してくれることでしょう。

 

借金の総額が140万円以下の過払い金請求、もしくはこの金額以内で任意整理などをする場合には司法書士でも交渉が可能です。

 

また、過払い金がもし140万円を超えて任意に解決するのが困難な場合は、地方裁判所で訴訟をする事になりますが、その時も司法書士ではなく、弁護士が代理人になることが必要であり、債権者のほうも弁護士を雇う必要がでてきます。
そうなると債権者側も弁護士費用が嵩むので、なるべく早く早期に解決するようになります。

 

一人の債務者が140万円以下でも複数の債務者をあわせて集団訴訟にしたり、訴訟上のテクニックなどを駆使し、複雑で多額債務のケースにも対応してくれますので、140万以下のケースでも、弁護士のほうに相談するメリットも大きいと思います。

 

慰謝料や弁護士費用なども請求することができますから複雑なケースは弁護士に相談しましょう。
双方のメリットをいかしてなるべくあなたのケースに有効なほうを選んでみましょう。