自己破産と連帯保証人について

誰かの連帯保証人になっていた場合、その相手が自己破産したときはどうなるのでしょうか。
やはり支払い義務が発生してしまうのでしょうか。詳しく解説していくことにしましょう。

 

自己破産と連帯保証人の関係性

 

残念ながら、家族や知人の連帯保証人となっている場合、
その相手が自己破産したとなれば支払い義務が生じてしまいます。
ある意味ストッパーのような役割となっているわけですので、
自己破産した本人が免責となったのであれば
連帯保証人が今度は支払いを続けていかなければならないのです。

 

また、通常連帯保証人は、一括で返済することになっているケースが多く、
そうなると一気に最悪の状況へと向かっていくことになります。
こればかりはどうすることもできませんので、
連帯保証人となった相手が自己破産する前に十分な話し合いをしておくべきでしょう。

 

連帯保証人と支払いについて

 

もしも連帯保証人が、借金の返済を代わりに行えないという状況になった場合はどうすればよいのでしょうか。
基本的に、連帯保証人になった経緯に違法性がないのであれば、
その時点から督促が始まり返済の義務が生じることとなります。

 

万が一、支払うことができないとなれば、自らも債務整理や自己破産の手続きを行うこととなるでしょう。
一度、弁護士などの専門家に相談しながらベストな解決方法を選択しなければなりません。

 

こんなときな支払わなくてもいい?!

 

ただし、家族や知人が自分の名義を勝手に持ち出して連帯保証人にしていた場合、
支払い義務が生じないことがあります。
その場合は、支払いの義務が生じない旨を内容証明で出したり、債務不存在確認訴訟を提起することになるでしょう。

 

尚、連帯保証人となった経緯が、サラ金業者などからの指示だった場合は、支払い義務が生じないことがあります。
だたし、それ以外のケースは、やはり支払い義務が生じてしまうケースがほとんどですので、
安易に連帯保証人となってはいけないと世間一般で囁かれているのには、ちゃんとした理由があるのです。