自己破産した場合、生活保護を受けることはできないのでしょうか。
支払いが出来くなり、生活が困難となってしまった時は、一時的な救護策として
生活保護を利用したいことがあるものです。詳細について詳しく取り上げていくことにします。

 

自己破産と生活保護の関係性

 

結論から言いますと、自己破産したとしても生活保護を受けることは可能となっています。
また今現在、生活保護を受給している最中で、これから自己破産の手続きを行う場合であっても、
生活保護費が差し押さえとなることはありません。

 

法律上、生活保護費や年金、失業保険の類は差し押さえることができない決まりとなっていますので、
その点は安心することができるでしょう。

 

もちろん自己破産した後も、生活保護費や年金、失業保険に関しては受け取ることができなくなることもありません。
尚、自己破産後に生活保護の申請を行う場合ですが、生活保護の申請が必要となるほど
生活が困窮しているわけですので、比較的受給許可がおりやすくなっているようです。

 

生活保護申請時に気をつけたいこと

 

尚、生活保護の申請を行う時点で借金の返済義務がある場合は、
生活保護費が借金の返済に充てられる可能性があるとして申請が却下されることがあります。

 

そのため、市役所や区役所などの役場で相談する前に、弁護士などの専門家に相談の上、
今後の返済についてどうして行くべきが考えておくとよいでしょう。

 

万が一、生活保護の申請時と同じくらいの時期から自己破産の申請を開始するとしても、
事情を説明した上で話を進めていけば、特に咎められることはないようです。

 

生活保護を受けるリスクとは

 

このように、自己破産をしている最中であったり、これから自己破産の手続きを始めるとしても
生活保護を受給することは可能なことが分かりましたが、生活保護を受けるリスクはあるのでしょうか。

 

基本的にリスクといえるようなものはありませんが、自己破産した後は一定期間新たな借金をすることができません。
また、一部の職業に就くことができなくなりますので、その点は事前確認が必要となるでしょう。