過払い金の計算方法〜自分で計算するには?〜

長期間消費者金融や貸金業者へ返済を行っていた方の中には、ふと
「自分には過払い金があるのではないか?過払い金があるとすればどれくらいあるのだろうか?」
という疑問を持つ人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

通常、過払い金請求手続きは弁護士や司法書士に依頼するのが一般的なため、過払い金額も、弁護士事務所などで相談しなければ分からないと思っている方も多いと思います。
しかし、実際には弁護士事務所などに足を運ばなくても、ある程度過払い金を調べることは可能です。

 

そもそも過払い金とはどういったもの?

消費者金融会社や貸金業者がお金を貸し出す時には「利息制限法」が適用されます。
この利息制限法では貸金の利息上限が定められており、以下のように制限されています。

 

  • 元金10万円未満の場合:年利20%まで
  • 元金10万円以上 100万円未満の場合:年利18%まで
  • 元金100万円以上の場合:年利15%まで

 

しかし、2010年まではこの制限を超えた金利が設定されていても、出資法で定められた「年利29.2%を超えなければ罰則はない」という状態にあったため、多くの業者でこの29.2%の範囲内の利息が設定されていました。
この金利がよく耳にする「グレーゾーン金利」と呼ばれるものです。

 

過払い金を簡単に言うと、この借り主が支払わされたグレーゾーン金利から、本来支払うべきであった利息を差し引いたものになります。
つまり、過払い金は「グレーゾーン金利と利息制限法で定められた金利の差額」ということになります。

 

過払い金計算の考え方を覚えましょう

例えば、29%というグレーゾーン金利で100万円借りた場合、一年後の利息は29万円となり、借金の総額は129万円となります。

 

しかしながら、利息制限法で定められた金利(上限15%)が適用された場合は、一年後の利息は15万円となり、借金総額は115万円。
つまり、過払い金は「129万円−115万円=14万円」ということになります。

 

過払い金の考え方はこのように単純なものですが、実際の過払い金計算(引き直し計算と呼びます)を行う場合は、金利や借入期間、返済方法などが複雑に絡み合うため、非常に難しいものとなります。

 

しかし、最近はインターネット上で過払い金を簡易的に計算できる無料ソフトやチェッカーが利用できるので、これらを活用するのも良いでしょう。
代表的なものには以下のようなソフトがあるので、参考にしてみて下さい。

 

アドリテム司法書士法人

https://www.adlitem.or.jp/software/
「外山式」という引き直し計算を考案した、外山司法書士が提供しているExcel用テンプレートです。

 

名古屋消費者信用問題研究会

https://www.kabarai.net/index.html
愛知県の弁護士数十名で構成される団体が提供しているExcel用テンプレートです。
こちらは「名古屋式」と呼ばれる引き直し計算ができるソフトとなっています。