個人民事再生で自動車を手放すことになる?【自動車ローンについて】

個人民事再生の手続きを行う際に気になるのが、所持する自家用車を手放す必要があるか否かいう点です。
特に、個人民事再生手続き後はブラックリストに情報が載るため、自動車ローンの審査で不利益を受けることになるだけに、自動車を手元に残せるかどうかはとても気になるところでしょう。

 

個人再生を申し立てると、自動車は処分される?処分されない?

 

個人民事再生を申し立てた場合の自動車の処分については「自動車ローンが残っているかどうか」によって、事情が異なります。

 

簡単にいうと
「自動車にローンが残っていない場合は、自動車が処分されることはない」
「自動車ローンが残っている場合には、所有権がローン会社に留保されるため、原則としてローン会社に自動車を引き上げられる」
となります。

 

では、それぞれのパターンについて少し詳しく見ていきましょう。

 

自動車ローンが残っている場合

 

自動車をローンで購入し、そのローンが完済していない場合、自動車はローン会社の所有とみなされます。
そのため、個人再生手続きを行った場合の担保権は、ローン会社が持っていることになります。

 

この自動車の担保権は、個人再生手続きを開始した後でもローン会社が行使することができるため、自動車の割賦金を支払わない限り、ローン会社は自動車を引き上げる(処分する)ことができます。
そのため、申し立て手続き後も自動車を所持し続けたいという場合には、ローン契約通りに割賦金を支払い続ける必要があります。

 

自動車ローンを完済している場合

 

自動車ローンを完済している場合は、当然ローン会社に担保権はありませんので、基本的に自動車を処分する必要はありません。
そのため、自己破産と異なり、自動車を資産として手元に残すことが可能となります。

 

但し、再生計画に則って返済する金額の総額は「自己破産の場合に処分される財産の額(清算価値)以上でなければならない」と定められているため、高額な自動車を所有する場合は毎月の返済が追いつかないといったケースもでてきます。
この場合は、自動車を処分して返済に充てる必要があるので注意が必要です。