任意整理を依頼する時に弁護士を選ぶ3つのポイント

任意整理は、自己破産や個人再生などの法的整理と比較して「手続き期間が短い、費用が安い、裁判所を通す必要がない」などの、多くのメリットがあります。
しかしながら、本人が納得できる結果を得られるかどうかは、弁護士など担当者の経験や実績に大きく左右されるというのが実情です。

 

そこで、今回は任意整理を依頼する際に押さえておきたい弁護士の選び方について考えていきたいと思います。

 

弁護士選びのポイント1 任意整理の経験と実績が豊富かどうか

 

任意整理は、裁判所を通すことなく貸金業者と話し合いを行い、返済方法や返済額を決定する手続きとなります。

 

そのため、貸金業者は債務整理の経験や実績が少ない弁護士に対しては強気に出ることが多く、取引履歴の開示を渋る、債務者に不利な和解案を提示するといった対応をされがちです。
結果、過払い金を取り戻すのに多くの時間が取られる、借金の減額幅が低く抑えられるということも少なからず起きているという現状があります。

 

こういった事態を避けるためにも、依頼をする前に弁護士の専門分野は何になるのか、任意整理について十分な専門知識と実績を持っているか否かを、しっかりと確認しておくことが重要となります。

 

弁護士選びのポイント2 相談の際、誠実で丁寧な対応をしてくれるかどうか

 

任意整理で実績を上げている弁護士の多くは、相談者の不安や悩みを真摯に受け止めるために、初回相談時にヒアリングをしっかりと行い、質問にも丁寧に答えるという特徴を持ちます。
優秀な弁護士を見極めるためにも、初回相談時には、弁護士の話し方や対応をしっかりと観察しておくことをおすすめします。

 

また、誠実で丁寧な対応を行う弁護士は、依頼者の要望を的確に把握し、法的に実現できる部分を具体的に掴むことができるため、時間や費用を最低限に抑えながら、最も有利な結果が出せる方法を提示してくれます。

 

弁護士選びのポイント3 報酬体系が明確かどうか

 

任意整理の報酬体系は、相談する弁護士や事務所によって設定が大きく異なります。
そのため、費用について十分に理解しないまま依頼を行ってしまい、予想以上に多くの費用がかかってしまった、というケースも少なくありません。

 

こういったトラブルを回避するためにも、報酬体系について納得のいく回答が得られるかどうかが見極めのポイントとなります。

 

また、必要となる費用について言葉を濁す、説明を面倒くさがるといった弁護士は、そもそも信頼に足る人物ではありませんので、弁護士選びの一つの指針となります。