任意整理後に住宅ローンを組む方法・期間について

近年、不景気の影響からか、過去に任意整理をしたことがある人が増えています。
理由は様々ですが、将来マイホームの購入を考えている場合、任意整理をしたことがあっても審査に通過することは可能なのでしょうか。

 

詳しく取り上げていくことにしましょう。

 

任意整理後に住宅ローンを組むことは可能?!

 

先に結論をいうと、過去に任意整理をした経験があったとしても、
住宅ローンを組んで夢のマイホームを購入することは可能です。

 

ただし、いくつか注意しておかなければならないことがあります。
1つは、任意整理を行ってから一定の期間が空いていること。
もう1つは、信用情報から任意整理の記録が消えてから、住宅ローンを利用するということです。

 

そもそも、住宅ローンを利用する際、個人の年収や勤務先、信用情報が必ずチェックされます。
ということは、任意整理を行ったことがあったとしても、
それぞれの審査項目で特に問題がないと判断されれば、住宅ローンを組むことは可能なのです。

 

任意整理後どのくらい期間を空けるべき?!

 

ところで、一定の期間を空ければ良いといわれても、どのくらいの期間を目安とすればよいのでしょうか。
一般的に言われているのは、約5年くらいです。

 

必ずしも5年ということではなく、人によってはもう少々早めにローンを組むことができるケースもありますし、5年以上経過していてもローンを組むことができないケースもあります。

 

ですから、5年という期間はあくまでも目安期間として捉えておいた方が良いでしょう。

 

任意整理後に住宅ローンを組む方法

 

任意整理後に住宅ローンを組む場合、まずは信用情報機関であるCICへ情報を照会しましょう。
その際、すでに任意整理の過去が消えている場合は、住宅ローンを利用することができる可能性が高まります。

 

また、できるだけ頭金を用意していた方が、審査に通りやすくなるケースがあるようです。
金融機関の審査基準にもよりますが、条件さえ整えば任意整理後でも住宅ローンの利用は難しいことではありません。