借金整理中・債務整理後にクレジットカードは作成出来るの?

債務整理(借金整理)中もしくは、債務整理後にクレジットカードが作成する事が出来るかどうか説明していきたいと思います。

 

事故情報があるかどうかに関わってきます

債務整理中か債務整理後のいずれにせよ、債務整理をした後にブラックリスト(信用情報)に事故情報の記録が掲載されている場合は、クレジットカードを作成する事はほぼ不可能です。
事故情報の種類には、自己破産や債務処理、代位弁済、長期延滞など、4つの種類が挙げられます。
一般的に、債務整理後の事故情報とは、借金返済後の5年間は消えないといわれています。
事故情報とは、例え1社しかないという場合であっても、全てのクレジットカードは作成出来ないという判断で正解です。

 

債務整理中・後のうち、どうすればクレジットカードが作成出来るの?

債務整理中の場合は債務整理を依頼している期間中とみなされ、必然的に「事故情報」として登録されてしまいますので、クレジットカードの作成は不可能だと考えられます。
債務整理後の場合、クレジットカードを作成する際の審査は事故情報の有無に深く関わっています。
通常、債務整理を依頼するとブラックリストに事故情報が登録されてしまいますが、借金返済を終えて5年ほど経っていれば、事故情報は消えます。
ところが、金融業者の方が謝って登録が削除されていない場合、会社の方で借金の返済の確認が終わり次第、事故情報の登録を消す事が可能です。
その結果、債務整理後にクレジットカードを作成する事が出来ます。

 

借金返済後の5年以内ならクレジットカードは作成出来る?

債務整理をして、返金手続きが終わってから5年に満たないようであれば、クレジットカードの作成はほぼ不可能です。
更に、ブラックリストは、5年間掲載されないと消えない為、殆どのクレジットカードの審査には通りにくいようです。
また、債務整理をしたといっても、家族にも影響が及び、クレジットカードが使用出来なくなるという事はないようです。