債務整理と弁護士事情

最近インターネット等で、債務整理を全面的に出している弁護士事務所が多くありますが、選べなくて困っています。
どこか良い弁護士を紹介してもらえる場所はないでしょうか。

 

一度破産を経験しており、その時は、会社の労働組合関係の弁護士に依頼をしました。
ただ、破産や債務整理についての経験が少ない弁護士で苦労をしました。

 

市役所などに行けば、良い弁護士を紹介してもらうことができるのでしょうか。
(30代女性)

 


自分の依頼にあった弁護士を探していくのは大変ですよね。

 

債務整理を全面的に広告している弁護士も実は経験が少なかったり、
流れ作業的な冷たい対応になってしまっていることが多いです。
弁護士を紹介してもらう際に、有名な紹介場所として「法テラス」や「弁護士会」等があります。

 

ただ、それでも良い弁護士、悪い弁護士はいます。
インターネット上で弁護士を探していく際にも、弁護士を紹介してもらう際にも、大切にしておきたいのは「債務整理」を専門的に行なっているかどうかです。
これを大切にしておけば、良い弁護士事務所は見つかるはずです。
また、インターネットで宣伝を行っている事務所は、経験も豊富なことが多いですよ。
(40代男性)

 

 

 

全情連の方針が変わることになって、債務整理=ブラックという流れが変わってきました。
ですが、弁護士や司法書士の方がこの流れについていけていない部分もあり、もどかしいところです。
弁護士、司法書士のニーズが上がってきて、仕事の幅も広がってきていますが、債務整理は弁護士、司法書士の特権でもあります。
より良い債務整理ができるような状態に早くなってほしいものです。
(30代男性)

 

そうですね。
債務整理をしてしまうと、必ずブラックになるという今までの流れが変わう、より債務整理がしやすくなるのは確実ですね。
自分も弁護士、司法書士が現状の流れについていききれていない部分があるなと感じています。
実際、債務整理を得意としていない弁護士、司法書士からしてみれば、追いついていけないのは仕方がない部分ではありますが・・・。
(40代男性)

 

 

 

今、債務整理の手続をしているのですが、債務整理の対象となる会社から不服を理由に、裁判所への呼び出しを要求されています。
弁護士に相談をしていますが、こんなことは実際にありえるのでしょうか。
(30代男性)

 

結果から言ってしまうと、あり得ます。
業者も裁判をする権利を持っているので・・・
ですが、弁護士の受任の直後であるのに、業者が訴えるということは、下級裁判で認められておらず、違法行為と考えられます。
担当の弁護士と少し相談してみてはいかがでしょうか。
(40代男性)